冬に欠かせない常備菜

昨日はテレビ東京「主治医が見つかる診療所」にて

柿の神髄が登場したのですが、皆様お気づきになりましたでしょうか

番組では柿酢の色々な使い方を紹介していましたが

酢之宮が一番この時期にお作り頂きたいのが「酢生姜」です

 

「みじん切りにした生姜を容器に入れて柿の神髄で浸すだけ」

小さじ1ほどハチミツを入れても良いですね

冷蔵庫で1ヶ月ほどもちます

 

・紅茶に入れるとジンジャーティーに(レモン風味で美味しいです)

・味噌汁や豚汁にも合います

・もずくやわかめの酢の物に入れても良いですね

 

免疫力を高めるために内側から身体を温めることがとても大切です

生姜の旬は11月から、根菜も今たくさんでてますね

 

旬=その時期に身体が必要としているもの

  

自然の懐の深さを感じます

 

 

0 コメント

ワークショップの模様を紹介していただきました

九州北部豪雨の被害に見舞われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

ご不明の方のご無事の確認ができますよう、お祈り申し上げます。

続きを読む 0 コメント

安心してお召し上がりください

お客様からお問い合わせをいただきました。

『柿の神髄』の中に褐色のものが見られるけれど・・・というご不安でした。

これは、酢酸菌由来のセルロース(食物繊維)というもので、ナタデココと同じものです。

『柿の神髄』が活きている証であり、栄養にもなります。

 

どうぞ安心してお召し上がりください。

0 コメント

手前味噌ですが

 

昨年仕込んだお味噌が出来ました!

国産大豆と地元産の麹、天然塩で作ったお味噌です。

味の方は、大豆と麹の甘みの後に、塩っ気を感じます。

今年は去年のものより塩っ気が多いかなぁ。

けれど、味噌のコクと後味のすっきり感は、無添加の手造りだからこそ。

つぶ感が残ってるのも食感があって、好きだったりします。

その家の味というのがあるのがお味噌ですね。

 

手前味噌ではありますが、味噌づくり歴10年、なかなかの味です。

0 コメント