酢之宮醸造所は

 

日本古来の柿酢を、可能な限り天然自然なかたちでお届けする

 

 ことをモットーにしています。

 

 「柿が赤くなれば医者が青くなる」との言い伝えが示す通り、柿にはみかんの2倍のビタミンC、ぶどうの5倍のポリフェノールなど、多くの栄養素が含まれています。栄養豊富な柿は、発酵醸造することにより黒酢の3倍、米酢の10倍以上のカリウムを含む柿酢となるのです。

 柿酢が血圧降下に寄与することは、和歌山県と和歌山県立医科大学による疫学調査(「柿酢が健康に及ぼす影響の疫学的調査」森岡,有田 2008))でも明らかとなっている通りですが、この素晴らしい柿酢のチカラを最大限に引き出すため、酢之宮醸造所では

 

  • 柿酢の醸造工程において、柿由来の酵母・酢酸菌を使用するなど、一切の添加物を使用せず、きめ細かく発酵度合いを検査することで一滴の水も加えずに発酵調整・管理を行なう
  • 柿の栄養成分を損なわないために、時間をかけて搾汁を行い、機械的な搾汁や不必要な濾過を行なわない
  • 柿の酵素の活性を保つという、業界初の試みを行う

 

 など、手間を惜しまない製法にこだわっています。

 こうして作られる『柿の神髄』は、柿の栄養分を多く含み、なおかつ従来では適わなかったお酢と酵素の両方を摂ることができる、まさに画期的な柿酢なのです。

酵素酢『柿の神髄』 酢之宮醸造所の柿酢づくり